読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2017.3.26 ジュニア祭り

お疲れ様です。

ジュニア祭り、東京公演全終了しました。

思うことがいっぱいありました。

 

めちゃくちゃ楽しかったです。

目まぐるしかった。

 

ここで一区切りさせたい。させておきたい。

 

 

まず、私的よかったと思う曲を…!

 

○LIPS by SnowMan

 これ、本当にだて様がね、カメに見えた。SnowManにこういう攻め曲が似合うか心配だったし上手くカッコつけられるかっていうのは結構重要ポイントだけど、やっぱりだて様は分かってる。セクシーでよかったよ、だて様。

 

○ZIG ZAG LOVE 

 SnowManの代名詞!これはすのにしか歌えない。これという新技をやってたわけじゃないけど、間奏ふっかの大技が結構な確率で決まるようになってて、おお!って思った。相変わらずアクロバットするときのふっかの顔は強張ってたし、阿部くんはキラキラしてたし、照は悪そーな顔するし。この曲は大事にして欲しい!

 

○この星のHIKARI

この曲超好き。これこそCD化して欲しい。ただアレンジ効かせた歌い方に最近は変わって来ちゃってるけど、そうじゃなくて、ピシッとスーツで決めて、ハット被ってたのを投げて、ステッキ持って歌って欲しかったかなぁ。今のすとには出来ない事かもしれないけど、でもそういうところは大切にしてほしい。

 

○山手線外回り

トラジャがこの曲やったよ( ;  ; )やっぱり盛り上がる!!でもこれが流れて駅員の衣装着てるトラジャを見て思ったことは、え、??ん?!!、歌えるのこれ!!?!みたいなね。

一年前のことを思い出すと、もうね、、あれですよね、、。

 

○prince princess

これは私たちの校歌。辛くなったときに聞くんです。明日が来るのが嫌で、今日も辛くて…。そんな時にこれを聞くだけで体が楽になる。これこそ、歌の力ってやつですよね。この星のみんなは大切なprince princess…。いや少なくともこの曲で救われてる人何人かはいる。この曲に出会わせてくれたこの時代と世界に感謝。最強。

 

○闇を突き抜けて〜バスケダンク

こうやって、声を出していい状況で聴ける歌じゃないからこそ、どうしていいかわからなくなった。見入ったよね。あとはこれの途中で上半身裸になるんだけど、そのときの阿部くんのパーカーの脱ぎ方がえっちだった。すんごいえっちでドキドキしたよ…。もうどうするよ?抱かれたいわ、あの体で。

 

バスケダンクは安定してきてて、結構新技出してたかなって感じだけど、そろそろ見飽きてきたのでバスケダンク以外にもなにか、特技を増やせるといいのかなって。

 

それにすがってるだけじゃダメだよな。

 

○アンコール

これだけは言わせて。

アンコールだて様と橋本涼くんが投げチューしてたのね、んではける時もだて様投げチューしてて。その投げチューの仕方がセクシーなの!もうねだて様は投げチューの天才。以上!

 

 

さぁここからが本題です。

 

ジュニア祭りはもともとお誘いをいただいて行ったんですけど、気持ち的にはすのを見たいっていうことだったんです。

 

ジュニア祭りってここまでジュニアが詰まりに詰まってる中で誰が秀でるか、どこのグループが自分たちの空気に持っていけるかっていうことが重要って私は思うんです。それでこそデビューして才能を開花させるっていうか。

 

 

まぁ私はすのがライブに出てる姿見るべき、私すの好きだし。阿部くんだっているし。すのを目で追って、すのを応援したいって。

 

 

 まぁ応援と言っても、ぶっちゃけすのにはもともとデビューを期待もしてないっていうか。応援はするけどそれがデビューに繋がってるとは感じてなくて。おしゃべり面白くないし、これといって歌が上手いわけでもなく。

 

でもなにか人を惹きつける魅力があるからこそファンは増えるし、その魅力を確立させないといけない時期は今なんだと思うんです、すのは。

 

 

てか、私的にはすのは舞台班に本当はなって欲しかったから、ダンススキルを上げていってほしいんだけどね。無駄に他グループジュニアと絡むシーンとかはあんまりいらないかも。

 

 

 

 

あのね、私がすのを追ってた時に翔太が言ってた言葉があって。

 

 

 

たとえデビューしても舞台には出続けたい

 

 

 

忘れられない。嬉しかったなぁ。

 

 

 

舞台に立つすのが見たい。みんなと群れているすのは良さが半減してる気がする。どうしたいのかわからない。SnowManの方向性が見えなくなってきてる。

 

 

 

なんかそういうことも考えつつ、すのを好きな自分を、自分の中で義務化させて、私はすのが好きなんだよ、こういうすのが好きなの、ライブ中にはすののことしか見れないよって。きっとすのを目で追って、阿部くんを探してロックオンしなきゃ、そうしないといけない、!って。

 

 

でもそう出来なくて。

 

ただ今回のライブ中、目の前に来たジュニアを目で追ってる自分がいて。

 

 

すののパフォーマンスを見ててもかっこいいし凄いって思うけど、でもすっごいトキメキを感じる訳でもなかったんです。心臓が早く動いて、ドキドキしてワクワクして、キュンキュンするみたいなのがなかった。すのに対してね。

 

 

 

 

「もう私SnowManのファンとしては終わりなのかもしれない」

 

 

 

好きなんです。SnowManは。好きで好きで応援したいんだけど、でも義務にしたくない。すのが出てるから行かなきゃっていうスタイルはもうやめです。

 

 

すの自体そろそろ固めていかないといけない時期なんだと思う。年齢もだいぶ上になったからデビューできなくても、ジャニーズSnowManというグループで何かの道を作らなきゃいけない。

 

そういう意識がSnowManから感じられなくて、阿部くんが一生懸命気象予報士取ってもなかなか仕事につながらなかったり。照もデビューしたいってギラついてたのに気づけばSnowManらしくやりたいとか逃げてるコメントになっちゃうように感じてて。

 

 

 

阿部くんにだって申し訳ないです、そんな生半可で好きになって応援されても。分かったように言ってんじゃねぇよって。俺の気持ちなんてわかるかってね。そうだよね、そうだよほんと。

 

 

阿部くんはファンに優しいから応援してねって言ってくれるだろうけど、私は無理。申し訳ない。失礼だし、阿部くんのことを追えてないこの自分にイライラする。追うなら本気以外の言葉はない。

 

 

 

 

 

 

このライブが終演して、真っ先に思ったことがあったんです。

 

 

 

 

「「しげちゃんに会いたい」」

 

 

 

抑えられない。しげちゃんが好き。ここまで思うってことはこの気持ちは本物だと思ってる。

 

 

 

うえすとももちろんみんな好きですけど、しげちゃんが好きなんです。帰って来てラジオ聞いて声聞くだけでキュンキュンするし、写真見るだけで熱出そうなぐらい体温上がるし。

 

 

どこがどうとかじゃない。ジュニアが分からせてくれた。私は今ジャニーズWEST重岡大毅が1番好きなんだっていうことを。

 

 

だから肩の荷がおりました。

 

これからは思う存分しげちゃんのファンやるね。

 

今しげちゃんを応援してて1番楽しい。

 

 

どんな思いもない。しげちゃんが好きという思いしかない。

 

 

 

 

これからは

 

重岡大毅一本です。

 

 

 

 

ご清聴ありがとうございました。